MENU

プログラミング道場 

①~④は全教研「プログラミング道場」公式ページより引用

① プログラミング言語を学び、正確にコンピュータに伝えるトレーニング。

様々なことがインターネットを通して行なわれる時代を迎え、また2020年には小学校の授業でもプログラミングが追加されることが決まっています。


子どもたちが将来、よりロボットやコンピュータを活用して生きていく社会に順応していくために、プログラミングが必要になるといわれています。

 

マツハシゼミナールのプログラミング講座では、プログラミングの考え方やコードの使い方を学び、問題解決能力や論理的思考を鍛えることに主に重点を置きます。


当プログラムでは以下のフローを経て子どもたちがプログラミング言語を学ぶ環境をご用意しています。

② プログラミング道場の指導の観点

プログラミング教室の中には“子どもたちに嫌われない程度”の指導に終始し、到達点が不明瞭なものも少なくありません。わたしたちのプログラミング道場での学習の流れは、初級としてプログラミングの構成を学び、標準、応用編ではC言語を学んでいくことが出来るように構成されています。

とにかく自分でロボットに命令をし、動作から問題点を見つけ、それを修正する。これを繰り返しながら、問題解決能力を鍛えていきます。各所に到達点が分かるよう、そして子どもたち自身の目標設定のために【検定試験】も準備しています。

③ プログラミング道場のカリキュラム

車型ロボットを課題通りに動かすようなプログラミングを組んでいきます。左の写真のようなパネルコースを用意し課題を与え、その課題通りにロボットを動かします。前進をする、後退をする、といった基本的な動作から始まり、上級者になるにつれて【 前に障害物があったら避けて進む 】 といった高度な動作をクリアできるようになっていきます。

 

どのプログラミングを組むとどういう動作をするということが学べるので、最終的にC言語の基礎を勝手に習得できている状態に近づくことが出来ます。

④ プログラミングを学ぶメリット

コンピュータに小さい頃から触れることで、機械に興味をもち、自ら学んでいく生徒に成長していきます。

 

問題解決能力や論理的思考力、さらには自主的に学ぶ姿勢などが鍛えられます。

 

1人で解決できない際、どうしたらよいか分からない時など講師や仲間に助言を求めます。コミュニケーション能力向上にもつながります。

 

どんどん思考を楽しむ子どもに成長するので、おのずと創造力も鍛えられます。

当校での体験会の様子

まずは【初級】のコースです! 

前進や後退を学びました!

講師のアドバイスにも

しっかりと耳を傾けていました!

保護者の方も見ていますが、

基本的に生徒たちが

【自分の力で】進められました!

実際にコースを走らせます! 

クリアできなかった場合、
自分で改善点を考えます。

【ご連絡先・体験申し込みはコチラ】

 

マツハシゼミナール 新桜ヶ丘校
プログラミング道場 橋山・霜鳥 まで
フリーダイヤル 0120-109-317
メールアドレス:matsuhashi.shinsaku@gmail.com


>>全教研公式ページはこちら

代表インタビュー

無料体験授業受付中

マツハシゼミナールご案内

学習コース詳細

英語検定受験の英検講座算数検定・数学検定の数検講座漢字検定受験の漢検講座

関連部門

そろばん教室空手道場の横浜空手倶楽部プログラミング道場児童絵画教室のアートクラブ美術教室はじめての方から経験者、子供から主婦の方までのピアノ教室保土ヶ谷西部学童保育センター運営の学童保育
みんなの速読(日本速脳速読協会)

営業案内

電話受付時間 : 平日11:00~21:00
休日 : 日曜日、祝日

子供たちの可能性や個性を伸ばす教育に取り組んでいます。

代表
橋山 智洋 

本部校(新桜ケ丘校)

〒240-0036
横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘2-24-20
>>教室詳細はこちら

初音ヶ丘校

〒240-0016
横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘45-2
>>教室詳細はこちら

大倉山校

〒222-0037
横浜市港北区大倉山1-19-6
>>教室詳細はこちら

グループ事業

アロマスクール横浜セレッサ
ストーンスパ&アロマエステ セレッサ

関係機関

マツハシゼミナールは、(一社)日本青少年育成協会の教育コーチング認定校です。


© 2018 学習塾マツハシゼミナール All rights reserved.